住宅ローンの審査基準

住宅ローンの審査基準で注目すべき要素に、返済比率や返済負担率を挙げることができます。
二つとも意味は変わりませんが、住宅ローンの年間返済額が年間の収入と比較してどのぐらいのパーセンテージを示すのか算出したものです。
返済負担率は30%までならなんとかなりますが、35%を超えてしまうと返済条件がクリアできず審査に通らない可能性が高くなります。
見逃してはいけない点は、別のローン返済額に関しても含まれる形で判断されることです。
なんと、実際に利用することがなかった場合でも、キャッシュカードのキャッシング枠も部分的にプラスされてしまうことがあります。
備わったキャッシング枠の5%がローンと捉えられてしまいますから、もし利用していないカードがあれば契約を解除しておくのが賢明でしょう。
返済負担率が原因となり住宅ローン審査が通らない雰囲気があるケースでは、対応策として2つあります。
年間に発生する返済額を減額する手段と、年収を増やす方法です。
年間に生じる返済金額を減らす対策には3種類やり方があります。
頭金を高くする、返済期間を長期間にする、違う返済方式にすることです。
頭金を多くして借り入れ金額を少なくするというのが最善と言えるかもしれません。
返済期間を延ばして1年単位での返済金額を抑えるのは、支払い総額で見ると増えてしまうことになります。
元金均等返済方式と元利金等返済方式を対比させた場合、はじめの10年間の返済負担率は元利均等返済方式のほうが低く抑えることが可能です。
年収を増やして返済負担率を減らすには、配偶者などの所得も合わせて計算することもできます。
収入合算と言ったり、夫婦合算と称される方法です。
返済負担率で審査が通らないのは、長期間に渡る返済に対して信用が不足しているということです。
基準を満たすのに心配があるなら、あらかじめシミュレーションすると良いでしょう。

This entry was posted on 2012年11月23日. Bookmark the permalink.