Archives

ニキビ予防には、生活習慣改善!?

ニキビって、大事な日に限ってできてしまったりしますよね。
私は、朝起きてニキビがひとつでもできていると、その日一日のテンションが上がりません・・・。
悪化するから下手に触ることができない、でも気になってしまう、という悪循環になるので、私はニキビができない肌作りを目指しています。

ニキビを作らないためには、まず清潔にすることが重要だそうで、枕カバーを毎日取り換えて清潔に保つようにしました。
次に、生活習慣を見直して、早寝早起きを心がけて、栄養がたくさん含まれている野菜を意識して食べるようになりました。

たったこれだけでできる頻度は減少しましたよ!
規則正しい生活が重要だと改めて感じました。

若いころもこの年齢になってもいくつになっても悩みの種に変わりありません。
思春期の若いころはニキビができると気になって気になってすぐ触ってしまったり、つぶしてしまったりでニキビ跡が残ってしまって消えない・・・
大人になったら今度は、暴飲暴食の食生活や不規則な生活リズムでポツポツ出来てしまいます。

ニキビができにくい肌を保つには、お肌のケアを怠らないことはもちろんですがお野菜や果物でビタミンもしっかり摂って、規則正しい生活を心がけ、肌を清潔に保つように注意しなければいけません。
やはり生活習慣を改めなければですね。

関連記事

ニキビは悩みのタネ

 

This entry was posted on 2013年12月9日.

お好み焼きの焼き方

お好み焼きの焼き方は、具も粉も全部混ぜて、一気に焼く方法と、具と粉を別で焼いて、後で重ねる方法がありますね。
私は、具も粉も全部混ぜる方法で焼いています。
しかも、市販のお好み焼き粉を使います。
おそらく、お好み焼きを美味しくする成分が沢山含まれているのでしょう。
下手くそな人が危ない手つきで焼いても、美味しく仕上がります。
1度だけ別々で焼く方法に挑戦してみましたが、全くうまく出来ませんでした。
私のような料理が下手くそな人には難しかったです。

 

先日、古いドラマの再放送が流れていました。
役者のセリフの中に「ポケベル」がどうのこうの…と言っているシーンがありました。
ポケベルとは懐かしすぎます。
私は持ったことがありませんでしたが、昔、流行りましたね。
ポケベルを持っている人に、鳴った時の画面表示を見せてもらいましたが、数字ばかりが並んでいて、何の事だかさっぱり不明でした。
それを、ポケベルの持ち主は、何の表示なのか頭を抱えて考えているのです。
今の時代では考えられませんが、文字による通信の原点だったでしょうか。

This entry was posted on 2013年12月9日.

今日のお昼は御寿司を食べに行ってきました

御寿司と申しましても回転寿司ですが、数年振りに回転寿司に行きました。
いつもはお寿司屋さんから出前を取るか、スーパーでパック売りの御寿司を買って来て食べていました。
久しぶりに回転寿司に行ってみてビックリしました。
今は待ち時間もタッチパネル式の「何組待ってます」「待ち時間何分」と表示される機械になってるんですね。
御寿司が乾燥しない様に透明のカプセルを被せているのに驚き、更にお皿を自分でダッシュボードに入れて5枚入れると1回ゲームが始まってアタリが出ると玩具が貰えるシステムです。
赤だしやサイドメニューの注文もタッチパネル…う~ん、ハイテクです。
とことん人の仕事の手間を省いていますね。
色々と久しぶり過ぎて目からウロコでした。
また行きたいです。

This entry was posted on 2013年12月9日.

養育費の支払い金額

離婚時に子育てをする側の親は、相手に養育費用を請求することが可能です。

養育費の支払い金額は、離婚協議の際にきちんと話し合って決めましょう。

金額を設定するうえで便利な養育費用の相場が調べると出てくるので、算定表を使用して算出することが叶います。

養育費の請求は、受け取りたい金額を提示するのではなく、夫婦が離婚する時の経済状況を考えて決定されます。

一般的に、養育費は長期的なスパンで支払っていくものですから、期間の経過と共に経済状況が違ってくることも往々にしてあります。

この点に関し、養育費を支払う側が職を変えたり、再婚するなどして支払うことができる金額が変わってくることがあります。

あるいは、子どもが進学したり、重篤な病気をすることなどで必要経費が増える場合もあります。

このため、養育費を設定した時点とは経済状況が変化した場合は、養育費を増額したり減額したりする手続きを行なえます。

これにも手始めにするのは元の夫と妻による相談ですが、話し合いの席に現れないなど協議がスムーズにいかないこともあります。

こうしたことになったら、家庭裁判所において調停や審判の申し立てができます。

養育費変更の申し立てが認められているのは、離婚した父親と母親です。

申し立ての手続きを行なうには、子ども一人に1,200円分の収入印紙代がかかることになります。

養育費用を変更する調停では、現段階で必要経費としてかかっている養育費用や、収入といった経済事情に関して互いの話から進行していきます。

This entry was posted on 2013年12月9日.

めざせ美白!

出産後、育児を理由にスキンケアをおざなりしてきたので、ふと気がつくと浅黒い顔になっていました。
スキンケアをしない上に、日焼けもしてしまい、ひどい状態です。

もともと色白で、そのためそばかすやシミも多く、そっちで悩んでいたのはあったのですが、色黒で悩むとは思っていませんでした。

さすがに最近まずいと思いたち、美白をめざしてなんとかしようと思っています。

洗顔料かな~、化粧水かな~、とネットなどで調べながら、高いものは使えないし、どれがいいかと迷っていました。

そこでまずは、ふき取り化粧水を使ってみることにしました。
以前使っていた時、一回ふき取っただけで、コットンが茶色くなったのを思い出し、美白にいいかもと思ったからです。

以前使ったのではないブランドのものをネットで注文し、明日あたり届くと思います。
効果があるといいんですけどね~。ダメなら次考えます!

This entry was posted on 2013年8月30日.

住宅ローンの審査基準

住宅ローンの審査基準で注目すべき要素に、返済比率や返済負担率を挙げることができます。
二つとも意味は変わりませんが、住宅ローンの年間返済額が年間の収入と比較してどのぐらいのパーセンテージを示すのか算出したものです。
返済負担率は30%までならなんとかなりますが、35%を超えてしまうと返済条件がクリアできず審査に通らない可能性が高くなります。
見逃してはいけない点は、別のローン返済額に関しても含まれる形で判断されることです。
なんと、実際に利用することがなかった場合でも、キャッシュカードのキャッシング枠も部分的にプラスされてしまうことがあります。
備わったキャッシング枠の5%がローンと捉えられてしまいますから、もし利用していないカードがあれば契約を解除しておくのが賢明でしょう。
返済負担率が原因となり住宅ローン審査が通らない雰囲気があるケースでは、対応策として2つあります。
年間に発生する返済額を減額する手段と、年収を増やす方法です。
年間に生じる返済金額を減らす対策には3種類やり方があります。
頭金を高くする、返済期間を長期間にする、違う返済方式にすることです。
頭金を多くして借り入れ金額を少なくするというのが最善と言えるかもしれません。
返済期間を延ばして1年単位での返済金額を抑えるのは、支払い総額で見ると増えてしまうことになります。
元金均等返済方式と元利金等返済方式を対比させた場合、はじめの10年間の返済負担率は元利均等返済方式のほうが低く抑えることが可能です。
年収を増やして返済負担率を減らすには、配偶者などの所得も合わせて計算することもできます。
収入合算と言ったり、夫婦合算と称される方法です。
返済負担率で審査が通らないのは、長期間に渡る返済に対して信用が不足しているということです。
基準を満たすのに心配があるなら、あらかじめシミュレーションすると良いでしょう。

This entry was posted on 2012年11月23日.

ニキビは悩みのタネ

若い時は誰にでもニキビってできてしまいますよね。
私も若い時はすぐにできてしまって悩んでいましたよ。

ニキビが恥ずかしくて、私はニキビができるとすぐに潰してしまうことが多かったんです。
ニキビをすぐに潰してしまうものだから、大人になった今でもニキビ跡が残っていて、今はニキビ跡で悩んでいますよ。
潰すんじゃなかったと今さら後悔しています。

ニキビは今も昔も私を悩ませるものですね。
ニキビもニキビ跡もない綺麗な肌が欲しいです。

ニキビのケアはとても大切です

人の思春期は体のいろいろな部分が成長をしていきます。
そして思春期の頃にできやすいものにニキビがあります。
ニキビとは顔にできる赤いブツブツのことを言いますが、ニキビのケアはとても大事であると言えます。

なぜならニキビを引っ掻いてしまい潰してしまうと顔に後ができてしまうからです。
顔にニキビの後ができると見た目が悪くなってしまうというデメリットがあります。

そのためニキビができたら薬を塗ってケアをするのがいいです。
薬を塗ることで顔にニキビの後を残すことなく治すことができます。

しっかりと保湿をしてニキビを治しましょう

何度も繰り返し出来るニキビには保湿がとても大切です。
しっかりと保湿しているつもりでもまだ足りていないので化粧水や乳液でしっかりと保湿をすることでニキビが出来にくくなります。

何度も同じところにニキビが出来てしまうのは保湿が足りていないのです。
睡眠や食事も大切ですが肌を乾燥させないことは凄く大切なのです。

汚いからニキビが出来る訳ではないのです。
他の原因も色々とあるのでしょうがまずはしっかりと保湿をしてニキビの出来にくい肌を目指しましょう。

This entry was posted on 2012年11月23日.