ニキビは悩みのタネ

若い時は誰にでもニキビってできてしまいますよね。
私も若い時はすぐにできてしまって悩んでいましたよ。

ニキビが恥ずかしくて、私はニキビができるとすぐに潰してしまうことが多かったんです。
ニキビをすぐに潰してしまうものだから、大人になった今でもニキビ跡が残っていて、今はニキビ跡で悩んでいますよ。
潰すんじゃなかったと今さら後悔しています。

ニキビは今も昔も私を悩ませるものですね。
ニキビもニキビ跡もない綺麗な肌が欲しいです。

ニキビのケアはとても大切です

人の思春期は体のいろいろな部分が成長をしていきます。
そして思春期の頃にできやすいものにニキビがあります。
ニキビとは顔にできる赤いブツブツのことを言いますが、ニキビのケアはとても大事であると言えます。

なぜならニキビを引っ掻いてしまい潰してしまうと顔に後ができてしまうからです。
顔にニキビの後ができると見た目が悪くなってしまうというデメリットがあります。

そのためニキビができたら薬を塗ってケアをするのがいいです。
薬を塗ることで顔にニキビの後を残すことなく治すことができます。

しっかりと保湿をしてニキビを治しましょう

何度も繰り返し出来るニキビには保湿がとても大切です。
しっかりと保湿しているつもりでもまだ足りていないので化粧水や乳液でしっかりと保湿をすることでニキビが出来にくくなります。

何度も同じところにニキビが出来てしまうのは保湿が足りていないのです。
睡眠や食事も大切ですが肌を乾燥させないことは凄く大切なのです。

汚いからニキビが出来る訳ではないのです。
他の原因も色々とあるのでしょうがまずはしっかりと保湿をしてニキビの出来にくい肌を目指しましょう。

This entry was posted on 2012年11月23日. Bookmark the permalink.